スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプレを少しでも貰うためにしておきたい6つのこと

BMSイベントに登録したのにインプレが来ない!と嘆く前に、
少しでもユーザーの方々にインプレをしてもらうための出来ることは無いでしょうか…?
今回はそういったお話です。ホントは無名戦が始まる前に書きたかった記事なんですが、
こんな時期で本当に申し訳ないです…

※この記事は完全に筆者の主観によって書かれています。根拠の無い内容を
多分に含んでいますので、話半分で見て頂けたらと思います。



1.タイトルはよく考えましょう

曲タイトルは、イベントページを見た人が曲ジャンルやアーティスト名と並んで目にする
重要な項目です。プレイする人たちがその作品をプレイする前に目にするモノですので
少なからず先入観なども入ってきます。ありきたり過ぎる曲名はその作品に相当な
説得力が無い限り、他の作品に埋もれる要因になりかねません。
せっかく苦労して作った自分の作品です。それに相応しい名前をつけてあげて下さい。




2.イベントNo.1登録を目指しましょう

やはりNo.1というのは目立ちます。
1番でなくても早期登録組みは比較的目立つ傾向にあるので、
もし時間に余裕があるのなら目指してみるのもいいかもしれません。
また、DEEのイベントページは自分のところの背景色が決められます。
デフォルトを選んで他の作品群と同化してしまうよりは、考えて他の色を選んでみると、
少しは目立つのではないでしょうか?




3.登録コメントはしっかり書きましょう

ただ、「よろしくお願いします」だけではやはり味気無さ過ぎます。
コメント欄はその作品を言葉でアピール出来る場と捉え、
聴きどころ、魅力をしっかりと伝えられるように。
例えば、「○○な雰囲気をイメージして作りました。」と書けば、
そのイメージが伝わった、伝わらなかった等のレスポンスが返って来るかもしれませんし、
「○○の○○な部分を頑張ったつもりですがいかがでしょうか?」
のようなコメントに対して、その反応だったり具体的かつ技術的な
アドバイスが貰えるかもしれません。





4.作品をダウンロードしてもらう際は、ユーザー側にストレスをなるべくかけない様に


最近のイベントでは、パッケージで一括で配布してくれているところも
増えてきていますが、torrentの使い方を判らなくて、
BOF作品を一つ一つクリックしてダウンロードするようなユーザーも存在します。(ここに←
様々なアップローダー、サーバーがありますが、
たくさんの作品をダウンロードする側としたら、
出来るだけクリックの回数が少なく、手間のかからない、
スムーズにダウンロードが行えることが望ましいです。
(因みに最近良く使われているDropboxですが、Publicというフォルダの中に
zipやrarのファイルを入れておけば、ダウンロードページに飛ぶことなく
直リンクでデータをダウンロードすることが可能です。)




5.フォルダ名にも気を遣いましょう

フォルダ名によって、LR2で読んだ後の曲の並び順が決まります。
もしプレイする人の目に留まりたいというのなら、
そこらへんを意識するのも良いかもしれません。
文字の頭を数字や“a”などにすると比較的目立つ位置に来るかと思います。
(引越し屋がタウンページで目に留まりやすいように社名をア行から始めたのと同じ感覚ですね)

また、BOFのようなチームイベントではフォルダに[チーム名]といった
情報を統一して入れておくと3曲が並ぶようになりますし、
またLR2の検索機能を使った際にチーム名を入力しておくと、
探しやすくなるといったメリットもありますので、
使ってみるのも手だと思います。

後は自分みたいにデータの中身がどうなってるか確認したり、
ubmplayで再生しながらインプレを書くインプレーヤーもいるかと思います。
その時にフォルダの名前が、“sil-c”みたいなモノよりは、
“TrioStaR - Silver Connection”みたいに書いてくれたほうが
遥かに探しやすいです。
僅かな事だとは思いますが、インプレーヤーにとって少しでも
親切な配慮をしてくれると助かります。





6.曲の出だしはプレイを誘発させる要因になる

LR2には曲選択中にその曲を流してくれる機能があります。
出だしから流れるわけなので、その出だしをユーザーに聴いてもらって
「あっ、気になる…!」と思わせて決定ボタンを押させたら勝ちです。
(この時、曲タイトルやジャンルもユーザーをそそる要素になります)
まずは、プレイしてもらうところから。
出だしでグッとユーザーの心を掴みましょう。




というわけで“インプレを少しでも貰うためにしておきたい6つのこと”
いかがだったでしょうか!

今回は少しでも
「目に留めてもらう」→「ダウンロードしてもらう」→「プレイしてもらう」
という流れを作るということを念頭に置きました。

BGAが作れれば視覚からでもプレイヤーに訴えかけることが出来ますし、
曲タイトルと共にその作品のイメージを膨らませてくれます。
また、動画サイトにアップすれば、そこから作品に触れてくれるユーザーも増えることでしょう。
また、☆1から高難易度までの各種難易度差分や9鍵譜面やDP譜面が制作出来れば
その分プレイしてくれるユーザーの裾野は広がります。
しかし、誰もがそういった技術を有しているわけではありません。
今回紹介したのはそういったモノがなくてもすぐ出来ることです。
もし良いなと感じたら是非活用されてみてはいかがでしょうか!


冒頭※で書かれている通り、本当にこの記事は筆者の主観で書かれています。
インプレする側の意見(基本ユーザーフレンドリー要素を大事にしようといった
内容です)が作者が無理にそれに合わせる必要は決して無いと思います。
インプレーヤーはお金を出して料理を食べに来ているお客様ではありません。
作者は堂々と作品を公開して「こんなBMSなんだけどお前らどうよ!?」ぐらいの
気構えでいるくらいが一番いいのかもしれませんね。



ここまで読んでいただいてありがとう御座いました。

続きを読む

スポンサーサイト

「虚空グラデーション」のフルムービー公開されましたよー

ひさかたぶりです。
最近の界隈の流れに乗れてなくてすっかり浦島状態なワタクシです。
周りではインフルが流行の兆しを見せておりバタバタと人が倒れていっているようですが
そんな流行にのることも無く毎週のように仲間と飲み歩く元気な毎日を送っております。
今回は嬉しい知らせがあったので久々の更新です。

なんとBOF2011作品である「虚空グラデーション」のMentalstockさんによる
ムービーが公開されました。しかもフルレングスバージョン!
スゴイことになってますので、是非とも皆さんに見ていただきたいです!



Vimeo

また、XIVチームのメンバーであり、一緒にこの作品を制作したfmy.さんによる
虚空グラデーションのリミックスもサウンドクラウドにて公開されております。
アルバム[XIV - 十 四 世 界 再 編 -]に収録されているバージョンとは
また少し違った感じになっているのでこちらも是非!!

それにしてもこの作品を作ってから1年半近く経ったわけですか…
時の経つのは早いですね…

でフル版ムービーが公開されたということで、自分もココで述べていた
「虚空グラデーション」というタイトルを決める際に歌詞や映像設定資料と
にらめっこして書き留めていた自作詩でもせっかくなので公開しようかなと…
かなり陰鬱で中二全開な恥ずか死ぬ内容なので、それでも見るという方は↓を反転してください。

-------------------------------------------------------------------

虚空グラデーション(BADEND)

僕はそこにいた

僕には夢があった 大空を飛ぶ夢
僕には羽根があった 白く気高い羽根
僕には心があった 風を感じる心

そこには空があった 飛べない空だった
あるのは限られた色だけ

そこには光があった 僕には届かなかった
そこには歌があった 僕には聞こえなかった
そこには夜があった 夜しかなかった

そこには恐怖があった 言葉を奪う狼が
お腹を空かせて僕を見てる


僕が紡いだひとつひとつの音を ハンマーで粉々に砕いて
愉しんでいる奴らの口元は 嗤ってた


僕が繋いだひとつひとつの言葉を ナイフでメチャメチャに刻んで
愉しんでいる奴らの瞳は 嗤ってない
救いを求め声を張り上げても 虚空に消え去ってしまうんだ


ココから一歩踏み出してしまえば 僕の夢が叶うんだね
大空を飛びたいと思ってた夢が 嗚呼 叶うんだね


嗚呼



-------------------------------------------------------------------


……はい!ということで、救いの無い虚空グラデーションでした。
ホントはもうちょっと長いんですけどあまりにも…っていう部分が多いので
色々削っております。
本当はこの詞で1曲作ろうかなという計画があったんですけど、
良い感じのものが出来ずに結局没りましたw
もちろん↑のモノは制作陣には見せていないモノなので、
自分の中だけで膨らませて書いた自己満足の産物になります。
こんなの見せて余計な先入感を与えたくないですしね。
自分は作品を見る人触れる人に対してそれぞれにイメージ持って貰いたいって
いうタイプの性格ですし、作った側ですけど↑のも解釈の内の一つであって
作品に対して色んな角度から見てもらえるのは良いことかなあと…
メロディにも“希望”は籠めたつもりなので…

うん、それにしても自分の性格の暗さが如実に出てますね…
ただ、作詞ってほとんどやったこと無いですけど楽しそう…


それでは~。またムービーエンドレスリピートしてきます…!

BOF2012「あとがき」

ということでBOF2012もインプレ投稿期間が終わりました。
公式の集計・発表はもう少し先との事ですが、こちらの速報によりますと
チーム“Floating Garden”チームスコア14位、チームアベレージ6位、
個人スコア22位、個人アベレージ19位とのこと。
作品「Floating Garden」をこうして評価していただけたこと
とても嬉しく思っていますが、チーム“Floating Garden”として
これだけの成績を残せたこと、チームメイトのみんなと共にイベントに
出れたことがなにより楽しかったし嬉しかったです!

そして、インプレをしてくださった皆様どうもありがとうございました!
レスは後ほど付けさせていただくので少々お待ち下さい…
自分の課題が見えたご意見、今後の参考にさせていただきます。
客観的な視点で言葉をいただけるって重要だなあと思うとともに、
お褒めの言葉はすごくモチベーションに繋がりました。
毎回、作品を出した後は燃え尽き症候群というか
「もうこれで終わりだな・・・・・・」
と思うモノなんですが、こうやって感想をいただけると
「また何か作りたい・・・!」って思ってしまうから不思議です。

「Floating Garden」、そして「Stella Symphonia」「Snowfairy」
今後もプレイしていただけたら、皆様の心に残る作品でいてくれたら幸いです。


そしてインプレーヤーとしての自分ですが、あまりたくさんの作品に
インプレ出来なくて申し訳ない限りです。
(今数えてみたらインプレしたチームは21チームでした)
もう少し自分の時間の管理をしっかりしていたら、もっと文章をスラスラ書けるような
頭が自分にあったらと自分の至らなさを痛感してます。

今回、会場を見て感じたのが“一行インプレの多さ”でした。
失格を含め400を超える作品数なので仕方ないといえば仕方ないのですけど、
それを見て今年は一行インプレはやめて、時間がかかっても通常インプレで
感想を全部書くことにしようという縛りをつけて今回はインプレさせてもらいました。
インプレをした作品の基準は、プレイをしたり、公開されている音楽、映像を見て
「あっ、インプレしたい・・・!」って思ったチームを無作為に…
ただ、チームという縛りも付けたためにインプレに詰まってしまったこともあり、
もう少し、柔軟にインプレに取り組む姿勢も必要だったなあという反省も…
期間中にインプレできなかった作品がたくさんあり、インプレする側としては
結構後悔が残った感じでした。

ちなみに今大会で自分が1000ptsをつけた作品は以下の3つ

puru / kkkfff2 - Toki

Ras - テキトウInfinite love

MONOLITH feat.FG75 +disconaut +kju8 - 宮子

どれも素晴らしい作品ですので、もし触れていない方がいらっしゃいましたら
是非ともプレイすることをオススメします!

というわけで“THE BMS OF FIGHTERS 2012 - Ein neuer Heiliger -
参加者の皆様、まんぼうさんをはじめとする主催の方々本当にお疲れ様でしたー!
毎回ですが楽しい作品、イベントをどうもありがとうございます!

次のイベントはRe:でしょうかね。
re.jpg

BOF2012出ます!!

お久しぶりです…
ブログを書くのは約半年振りになるでしょうか…
この間にもBMSイベントは目白押しだったんですが、
自分は全くインプレできず…
せめて無名戦だけでもと思ったのですが、半ばで断念してしまい、
殆どの作品にインプレ出来ませんでした。
本当に申し訳ない限りです…

3,4ヶ月前からいっそこのブログを閉鎖しようかなあとも考えていたのですが、
「BOFが近くなったらチーム紹介とか書きたくなるかも…!」
とか考えていたらもう開始まで一ヶ月を切ってしまいました、うーん…

それまで放置してしまっていた当ブログですが、
こうして久しぶりに筆を取った理由はそのBOF2012に自分も
出場することになっているからです。
しばらく「ブログを書くよりまずBOF用の曲を作らなきゃだろう」
とBOF曲に悩み続けていた自分ですが、
曲にある程度の目処が立ったため、こうして文章を書かせていただいた次第です。
いや、それでも日程的にまだ厳しいことには変わりないのですが…

FG


NS-Factoryさんにお誘いいただきまして、チーム“Floating Garden
の一員としてお世話になります。
そして今年は誘われた身ながらチームリーダーを
務めさせていただくことになりました(驚愕
頼りないリーダーですが、チームメイトの皆様よろしくお願い致します!
せめて自チームだけでも紹介記事とか書きたいですね…!

気になるチームだったりとかBOF2012に関しては、
書きたいことがたくさんあるのですが、
取り止めがなくなってしまいそうなので今日はここまで…
自チームもそうですが他のチームも時間があったら
昨年みたいにチーム紹介書きたいですね。
あとBOFが始まったら自分の曲のReadme的なこともブログで
書こうかなあと思っています。

というわけで生存報告でした。
BOF2012で逢いましょう!!



続きを読む

Easymotionお疲れ様でした!

インプレ期間も終了ということでEasymotion参加者の皆様お疲れ様でした。
低速好きの自分としましては、好みの曲にたくさん出会えて非常に実りある大会でした。
惜しむらくはインプレにほとんど参加できなかったこと…
最後の一週でインプレしようと考えていたのですが、
インフルエンザにかかってしまい、思うように動けず
一週間のほとんどをベッドの上で過ごすという日々を送る羽目になってしまいました。
事前にコツコツと書いてないとこういうことになるから駄目ですね…
自分の日程管理、そして体調管理の甘さをまたしても痛感することになりました。

時間が無かったためにインプレは自分が特に気に入った作品4作品に
レコメをつけるという簡素なモノになってしまいました。
その4作品は以下↓

No.23 Saldy - Citron

ギターの使い方やパッドの広がりといった空間の使い方に多少の甘さは感じましたが、
とにかくこういう曲は大好きなんです!
中盤のタメの部分も雰囲気十分でした。レコメ。

No.38 rilym - 紫苑

出だしでギュっとココロを掴まれてしまいました。
メジャー7コードでこんな感じでアプローチされたら、
そりゃ僕はもう引き込まれてしまうに決まってます!
歌もとっても素敵。レコメ。

No.50 xarva - easymotion

直線的にこちらに向かって来る音、全体を包み込む音、
そこら中に散らばって空間を飛び回る音、
そのスピーカーから流れてくる音のどれもこれもが
こちらの空間を支配します。
もう圧倒的でした。レコメ。

No.56 SABREMISSILE - 悲しみの残りカス

どこか退廃的に感じるサウンドに激しいリズムやウワモノの融合、
そしてなんといってもプレイしてて楽しい。
さばみそさんの譜面には毎回感服致します。レコメ。



上記で述べたとおりインフルで寝込んでいて、全作品を念入りに聴き込めたわけではないので
だいぶ感覚的なレコメインプレとなってしまいました。
きっと後で「なんでインプレでレコメいれなかったんだぁー!」っていう作品もきっと
これから出てくると思います。
ちなみにこの4作品にレコメを付けた理由は単純に「スゲェ好き!」というだけなのですが。
もし5pt満点のインプレ大会だったら5pt上げてるだろうっていう採点基準だと思っていただければ。


GENRE-SHUFFLEジャンル振り分けUSTREAMを終えて

16日の夜に参加者の作るジャンルを振り分ける運命の抽選会が行われました。
どういった形で抽選するのか気になっていたのですが、まさかビンゴアプリで
抽選が行われるとは…!
放送中はツイッター上でそれぞれ参加者とジャンルの組み合わせに一喜一憂が見られ、
とても熱い抽選会でした。
放送中にメールが来るなどハプニングにも見舞われましたが、抽選も無事終わり
それぞれ決まったジャンルに参加者達が挑むことになります。
個人的なサプライズなそして面白そうな組み合わせとしては、

xiさん x 無調音楽
kirejiさん x 演歌
cybermisoさん x SHOEGAZER
λ口さん x マンボ歌謡

辺りはすごく興味をひく組み合わせだなあと思いました。
他にも十八番ジャンルを引いてしまったわいえむさんやRasさん、
まさかのMC BATTLEを引いてしまったBACOさんなど、
抽選会ではドラマもありました。

そして、もうひとつの楽しみとして自分の投稿したジャンルを誰が引いてくれるか!?
というのもありました。
300近いジャンル投稿に重複ジャンルの統合、
最初の段階でUplifting Tranceが引き当てられた時点で、トランスジャンルは落選かなあと
思っていたのですが、選考で無事残っていました。
自分が投稿したジャンル「Progressive Trance」が。
引き当ててくれたのはNardisさん/Elfeさん。
なんというか自分が当たったら苦しいジャンル群に挙げたトランスジャンルに当ててしまってごめんなさいとNardisさんに謝りたい気分…
でも自分は参加者ではないですが自分の投稿したジャンルを作ってくれる方ってすごく応援したくなります。
NardisさんがどんなProgressive Tranceを作ってくれるかというのはすっごく楽しみです!

TrioStaRはNardisさんの本戦での活躍を期待しています、頑張ってください!!

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。