スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年明けてました…

Groundbreaking -BOF2010 COMPILATION ALBUM-に参加しました。

Groundbreaking


BOF2010の作品から全39曲を収録した無料Webアルバム、
Groundbreaking”にendroleで参加させていただきました。
こちらにendroleのフルレングスヴァージョンを収録させていただいています。
また、一緒にendroleを作ったLilyca*さんによるeollさんのグレートエスケープのリミックス、
えいかさんのRepeat and Rewind、yujurieさんの蟻ノ呼吸、
舎弟ことひろうさんのund Speedrunも収録されており、
何気にチームフダンシズム、このGroundbreakingに全員参加しております
イベントが終わり結構月日は経ったのですが、このGroundbreakingの公開後、
新たにendroleという作品に対する反応をいくつもいただけてとても嬉しいです。
このモチベーションを基にまた作品を発表できたらなあなんて思います。

Wire Puller 2 , 第一回"なんちゃって"無名BMS作家が物申す!が同時開催

Wire Puller 2

なんちゃって無名戦

インプレーヤーとして待ち望んでいたイベント、
“Wire Puller”の第2弾“Wire Puller 2
そしてその姉妹イベントとして“なんちゃって無名戦”の同時開催が発表されました。
どちらも偽名登録した作者をインプレで当てるという点では変わりませんが、
前者の方はいかに正体を隠し、インプレーヤーを欺きつつ得点を重ねるか、
後者の方はうまい事正体は見せつつも正答率を80%ギリギリのラインに近づけるか
ということが重要になってきます。
参考に例を挙げると、前回Wire Pullerのtarolaboさんの作品が的中率77.8%でしたが、
作者によって知名度も作風も違いますので、匙加減が微妙で難しいです。
また作品を作ってみて、自分だとバレなそうだったら“Wire Puller 2”に、
バレそうだったら“なんちゃって無名戦”に登録するという方もきっと出てくるのでは?
と予想しています。

また、イベントの特性上当たり前のことなのですが、
「イベントに出場します」みたいな話題を全く目にしません。
出場すると宣言した場合、当然その作者はマークされるわけで
特にWire Pullerでは「正体がばれる」=「大きな減点対象」ですので
当然といえば当然なのですが…
なので自分も出場するか否かは明言しないでおきます。
出場した際にバレたくないですし、
出ないとしても、作者予想で自分という選択肢を摘んでしまうのは嫌なので…
あ、自分の仮装は大歓迎ですよ!!

そして白状致しますと、自分の初インプレデビューは
BOF2009ではなく実はこのWire Pullerだったりします。
当時はHNなんてなかったので、ぱっと思いついた名義でインプレしてたのですが…
どのインプレーヤーが自分だったかは…まあ察してください。
ちなみに的中率はそこそこでした。
そういった意味でもWire Pullerは自分にとって思い入れのあるイベントです。
どちらのイベントも登録期間は2/26(土)から。
自分も的中率No.1を目指して楽しんでインプレさせていただきます!

Korea Be-Music Sciprt Party 2011開催

Korea Be-Music Sciprt Party 2011

そして同時期に韓国でもBMSイベントが開催されます。
前回のKBP2010で自分もインプレ参加させていただいたのですが、
今回も是非インプレ参加したいなあと考えております。
イベントが重なっているために間に合うか微妙なところではあるのですが…

BOF2010もそうでしたが、最近は韓国から日本のBMSイベント参加や
インプレなどが活発に行われており、BMSシーンを盛り上げてくれています。
その恩返しというわけではないですが、日本のインプレーヤーさんも
インプレをしてみては?と勧めておきます。
このイベントは事前登録制で日本からの出場者の名前も見受けられます。
BMSという文化を通してもっと交流が深められたら良いですね。
(早めにこのイベントの存在を知っていたら本当は出場したかった…)

というわけで挨拶がだいぶ遅くなりましたが今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。