スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMSイベント(妄想)草案

この草案はBMSイベント大好き“TrioStaR”がこんなBMSイベントあったらおもしろそうだなあという考えを
実現可能性無視で妄想を働かせながら書いたものです。
実行はしませんのでご安心ください(笑)

その1
最近はB2DUELVERSUSなどのタイマンイベントが熱いです。
古くはB-1 ClimaXやRenaissanceなど、1対1で競うイベントというのはイベント好きなBMS作者さんなら
誰もが参加してみたいと思ったことはないでしょうか?
しかしそこに参加するには“狭き門”を通過した選ばれし者しか舞台に上がれないのが実情です。
でも、そんなタイマンイベントに誰でも参加できるイベントがあるとしたら出場してみたくはないですか?


BMS WORLD CUP (仮)草案

基本ルール

参加者全員を1リーグ4人(組)に振り分け、予選リーグを行う。
勝ち上がったものが決勝トーナメント進出。
ここあたりはW杯のルールに準ずる。

人数

16人(組)以下の場合
リーグ戦を行い、決勝進出者を8名(組)に絞り、そこからトーナメントを行う。

32人(組)以下の場合
リーグ戦を行い、決勝進出者を16名(組)に絞り、そこからトーナメントを行う。

基本的に16名に絞るが、人数によっては決勝進出者を32名(組)にしたり、
場合によっては、1リーグ5人にしたり、1リーグ突破枠を1名に絞ったり、
各組2位による敗者復活投票を行う、予選リーグ成績上位者にシードを設ける等の調整を行う。
そのために開催前の参加者人数の把握は重要。

投票方式

投票方式としてはB2DUELのような1人1票方式かVERSUSのような点数方式があるが、
予選リーグではVERSUSの、決勝トーナメントではB2DUELの方式が望ましいのではないか?

禁止事項

同名義、別名義での複数登録禁止(ただし、譜面・BGA・ヴォーカルはこの限りでない)
→トーナメントやリーグで同じ作者の作品が当たるのを防ぐための措置。
その他の禁止事項はBOFのBMS規定に書いてあることでいいかなあと…

このイベントを開催するにあたってのメリット(ウリ)

・このイベントでは事前に登録してもらい、そこで参加者が各リーグに振り分けられるわけですが、
その際の優勝予想や対戦カードによる展望などを従来の一斉参加型のイベントより外野が楽しむことが出来る。
(例えばmihoclapさんに各リーグ、トーナメントの対戦相手のデータ分析をしてもらうなど)
・リーグ戦で強者同士が当たってしまう、いわゆる死の組が生まれるなどすると面白い。
・今まで、B1やRenaissance、B2DUELやVERSUSなどのタイマンイベントは選ばれし者しかその舞台に上がれない
“狭き門”だったわけですが、予選に勝ち抜けばその舞台に上がることが出来る
・あんなBMS作者の方々と予選リーグやトーナメントで対戦できるかもしれない。(参加してもらえればですが…)。
・他の1対全のイベントと違い、勝ったら上がある、負けたら終わり(なんか甲子園っぽい)、自分のライバルが明確になるということで
より真剣な勝負を見られる(それによる参加者のモチベーションの上昇)。
・戦績で○○イベント○位とかもいいけど、ベスト8とかベスト4って大会っぽくて何か良くないですか?



デメリット・問題点

リーグ戦やトーナメントを行っていくのでその会場の管理が大変そう。
日程を決めるのが大変。(せっかくW杯イヤーなのでそれに被せられたらよいのですが)
まず公開方式をどうするか?予選リーグの作品は一斉公開なのか、それとも1リーグまたは数組ずつの公開にするのか?
インプレ期間をどうするか?
一斉公開型のイベントと違い、1対1のタイマンを一斉投票してしまうと参加人数によってはタイマンの意義が薄れてしまう。
だからといって長々とインプレ期間を採ってしまうと参加者がだれてしまう可能性あり。
また、同じ作品を何回も評価することになるので、インプレーヤーのモチベーションの低下の防止対策も考える必要あり。



その2


最近はTwitterなどで作者同士が交流をもつ機会が増えてきたのか、
一人ではなく、複数人で作品を制作される方も多くなってきました。
そんなご時勢だからこそのこのイベント。

B2DUEL TAG

シングルのベルトがあるんだからタッグのベルトがあってもいいじゃないという
安易な発想。
bubbles(cranky vs pico)さんのFや、Hate vs BrillianceさんのQuark、
また最近ではBOF2009でXBOXチームがそれぞれユニットを作ってBMSを出すなど
2人でだからこそ出来た名作が生まれています。

Atomic Sphereさん、やってくれないかなあ…

単純にユニット限定BMSイベントとかでも需要ありそうな気がするんだけど誰かやらないかなあ…


長くなりました。
ここまで読んでくださりありがとうございました。

そういえば明日BMS公開する予定ですよ!







スポンサーサイト

Comment

No:2|B2DUEL TAG
実際のところ、タッグ、トーナメント、そしてバトル・ロワイアルの案はあります。バトロワ案は、5人が同時に曲を公開し、インプレイヤーはその5曲のうち、1曲にだけ投票出来るというシステム。

が、正直言うと、自分の制作が全く手付かずになってしまうため、俺が今後開催するというのは、難しいです…。(plugout4でも完全にタスクオーバーとなる事が暫々)B2DUELも本来は9回ほど開催予定でしたが、fenさんや俺自身がBMS制作を終了する事もあって、今後の見通しは立ってません。

もうフォーマットは出来てますから、B2DUELは誰が開催しても構わないと思ってます。plugoutもそうですね。誰かに引き継いで貰えれば一番いいなと思ってますw
No:3|No title
うわー、ご本人様からコメントが!!
Atomic Sphereさん、初めまして。
ぷぷりーではインプレありがとうございました。
Atomic Sphereさんの作品、よく遊ばさせて貰っています。
PROTOGENEIAとANIMAが特に大好きです。

タッグやトーナメント案はやはりすでに出ていたのですね。
バトル・ロワイヤルも外野で見ている分には面白そうですが、すごく玄人向けな気がして
気軽には参加はしづらそうなイメージを持ちます。
その分本気の作品が見られるという利点もありますけど…

イベントは見たいですが、やはりAtomic Sphereさんにはクリエーターとしての作品を楽しみにさせていただいている部分が
個人的にあるので、そちらの方での活躍を今後期待させていただきます。
BMS製作を終了するとかさらりと爆弾発言されちゃっていますが、ひょこっと戻ってこられることを信じて待ってますw

他力本願で申し訳ないですが、B2DUELやplugoutはとても良い企画だと思っているので、
自分も誰かが引き継いでくれることを祈るばかりです。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。