スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“BOF2009”お疲れ様でした。

公式ページの方で結果と総評がアップされていたので、
自分もインプレーヤー側の視点での個人的な総評を書きたいと思います。

正直限られた時間で全作品をプレイし、それに対しての意見・感想を書くというのは
結構大変なことでした。しかも普段インプレなどしたことが無い人なら尚更です。
それを可能にさせてくれたのが一行インプレ機能でした。

例えば、自分からは何も指摘する点がなく“良いものは良い”と言う時に
通常インプレでただ「良かったです。○○○pts」とは自分としてはやりづらいです。
そして、何か足りないんだけど自分には指摘する点がよくわからない。
または、既に自分の言いたいことをもう他の方に言われている時など、
申し訳ないんだけど得点だけ差し上げます、という時に一行インプレ機能は凄く重宝しました。
今回インプレ数1万の大台を突破したのも、この機能の功績は大きいと思います。

そして自分の今大会のインプレの点数の入れ方ですが、基本的に明確な基準を設けていません。
“やってて楽しかった、曲が良かった、BGAが良かった。”など感覚で得点をつけさせていただきました。
ただ同じようなジャンルで「あの曲には○○○点つけたから、この曲は○○○点かな」
というような相対的な評価は多少入っているかもしれません。
また公式に書かれているネームバリュー、0点インプレうんぬんにも概ね同意します。
自分は全作インプレを行っていたのでそれぞれの作品ページを見ていたのですが
ただ感想も理由も述べることなく0点をつけているのが目に付きました。
正直、それはあまり見ていて気分の良いものではありませんでした。
自分はただの一インプレーヤーですが、BMSを作るのが大変なことは存じていますし、
それをみんなに公開する勇気というのも結構いると思います。
(今自分はBMS製作中ですが、こんな大きなイベントに出して評価をもらう勇気はとてもありません)
「何も書かずに0点インプレをつけるのは、この作品・作者に対する意思表示だ」
と投稿した方は思っているかもしれませんが、はたから見たら非常に情けない行為ですよ
とだけ自分からは言っておきます。
でも、公式に書いてある0点インプレを完全に廃止にしてしまうのはちょっと待ったほうがいい気がします。

あと、今大会で目を引いたのはBGA付き作品の増加とその質の高さです。
BMSプレイヤー“Lunatic Rave”のMovie対応、
そしてYouTubeやニコニコ動画などインターネットをしている人が動画に接する機会が増えた今、
BMSでも映像というものの重要度は非常に増してきている気がします。
彗星の如く現れPapyrusの世界観を作り上げた浪漫映像制作倶楽部さん、期待の新人BGA作家photonskytoさん、
そしてあんなに凄いBGAを何作も作る仕事ぶりに、MentalstockさんとTOHRU MiTSUHASHiさんは一体何人いるんだよw
と思った方も少なくなかったのではないでしょうか。
今後も素晴らしい作品を期待したいと思います。

長々書き綴って文章にとりとめが無くなってきたのでここで筆を置きたいと思います。

これにて“BOF2009”終幕です。運営の方々御疲れさまでした。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。